歯の漂白

ホワイトニングは、別名ブリーチングとも呼ばれ、歯の表面に付着した色素等を落とすだけでなく、歯自体を薬剤(主に過酸化水素)の力で漂白していく方法です。
生まれつきの黄ばみ、加齢による変色、抗生物質の副作用で生じた変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れも分解します。

歯が白く輝くようになると清潔感が増し、さらには表情や顔色も明るい印象に変わります。また歯が白いと、実年齢より若く見えるようになると言われます。口元の美しさは、見た目の印象を格段にアップさせ、人に自信と素敵な笑顔を与えます。患者様の素敵な笑顔のために、当院はホワイトニングに力を入れております。

ホワイトニングの二つの方法

こうしたホワイトニングには、歯科医院内でホワイトニングを行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」の二つの方法があります。
当院では、この2種類のメニューをいずれもご用意いたしております。
それぞれについて、メリット、デメリットを挙げながらご説明しましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、「歯科医院で」漂白を行う方法です。

メリット

各種薬剤や、レーザーなどの光照射を用いるため、回数・期間が短く、患者様ご自身が自宅で漂白を行う煩わしさがありません。
また、歯科医師や歯科衛生士による的確な処置が可能な上、医師らとのコミュニケーションを図りながら行える安心感もあります。

デメリット

短期間のうちに色が後戻りしやすい点が挙げられます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、専用の薬剤とマウスピースを使い、患者様ご自身が「ご自宅で」漂白を行う方法です。

メリット

通院回数が少なくて済み、特別な機械を必要としない手軽さがあって、忙しい方にも、気軽に行えます。 また回数の調整により、ご希望の色調に合わせたホワイトニングが可能で、オフィス以上に透明感、自然感のある漂白が可能です。
オフィスホワイトニングよりも持続性が高く、長期にわたって自然な白さが続きます。

デメリット

ホワイトニング中は飲食物の制限(着色性のもの:コーヒー、赤ワイン、カレーなど)をしなければならなかったり、比較的長時間の漂白が必要になったりするほか、薬剤による違和感が生じたり、薬剤を誤嚥したりする可能性も出てきます。

※上記のような一般的なホワイトニングの他に、当院では世界最新のホワイトニング法である「ポリリンプラチナホワイトニング」を採り入れております。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングは、あらゆる生物の体内にもともと存在している生体成分であり、食品添加物としても認められている「短鎖分割ポリリン酸Na」を使用した、安全で、しかもとても高い効果が期待できるホワイトニングです。
このホワイトニングでは、短鎖分割ポリリン酸Naを使って歯の汚れを落とし、コーティング(ステインや歯石の沈着を防止)するため、痛みも無く、施術後は着色しにくくなり、透明感が続きます。紅茶やコーヒー、タバコのヤニなどでくすんでしまった歯の表面にはステインが付着していますが、ポリリン酸Naは、歯面のステインを剥がしながら歯の表面をきれいにすると同時に、歯をコーティングして再び汚れることを防止します。

また、「プラチナナノコロイド」という成分を配合しているため、分割ポリリン酸の働きがさらに活性化され、ホワイトニングの効果が一層期待できるようになります。

ポリリンプラチナホワイトニングのメリット

  • プラチナナノコロイドの作用により、キラキラ輝く自然な白さがもたらされる
  • 施術により痛みを感じることは、非常に少ない
  • 分割ポリリン酸が歯をコーティングして汚れが付着しづらくなり、透明感のある白さが長持ちする
  • ポリリンコーティングにより歯質が強化され、傷つきにくくなる
  • 施術直後でも、食事制限がまったく必要ない
  • 1日に何回の施術も可能

医院概要

東陽ながま歯科医院

所在地
〒135-0016
江東区東陽3-27-32 玉河ビル5F
電話
03-5879-7117
最寄駅
東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩1分
診療時間
日祝
10:00~13:30 -
15:00~19:30 -

※19時最終受付
※矯正相談日:月曜又は木曜
(矯正専門医がご相談に応じます。相談日は事前に お問合せ下さい。)
休診日:日曜・祝日

ACCESSMAP

読み込み中…