TCHとは

TCH(Tooth Contacting Habit:習慣性歯牙接触癖)とは、「会話や食事などをしていない時(非機能時)に上下の歯列を接触させている癖」のことです。
もともと生理的な上下歯列の接触は、会話、咀嚼、嚥下(飲み込み)をする時に瞬間的に生じます(嚥下時がいちばん長い)。しかし、その接触時間を合計しても、24時間中で17.5分と、1日に20分にも満たないことが報告されています。

ところが、何かの作業をしている時(PC作業、料理など)や考えごとをしている時、テレビを見ている時などに上下の歯を触らせたままにする癖のある人がいます。こうした接触癖のことをTCHと言います。

軽い接触が招く疲労

咀嚼筋は安静状態にあってもごくわずかに活動していますが、上下の歯が接触すると、それがたとえ軽い接触であっても、咀嚼筋の活動は強まります。強い噛みしめを長い時間にわたって続けるのは疲労感が伴って困難ですが、軽い接触では疲労に気づかず、そのまま接触し続け、それを長時間続けた後に、疲労し切ってしまうようになります。

ある時点から症状が出現

人は年を重ねるに従って社会的責任が大きくなり、活動は多様化し、仕事内容も高度化し、人間関係はより複雑になってきます。こうした影響から、心理的あるいは身体的緊張が歯列の接触時間を長くしていくものと考えられます。

そして、加齢とともに体の耐久力は低下していきますので、どこかで耐久力の低下と歯列矯正による負担の増加が交差することになります。この交差時点以降に、歯列接触癖によるさまざまな症状が現れてくるようになると考えられます。

顎関節症に関与するTCH

これまで顎関節症の要因としては、「片咬み癖」「不良姿勢」「多忙な仕事」などが挙げられてきましたが、実はTCHも、その発症・維持・永続化に少なからず関わっていると考えられるようになりました。

そしてTCHのある患者さんに対して、積極的にこの習癖の是正訓練を行ってもらうと、軽症の患者さんではこれだけで疼痛が消失したり、また長期間にわたって顎関節症の痛みに悩んでいた難治性の顎関節症の患者さんについても疼痛の改善が認められたりしました。
さらに、精神的要因や他の習癖行動があっても、TChを是正すると症状が改善することが多いこともわかってきました。

つまり、TCHが存在する場合には、その是正は顎関節症の症状の改善に有効であることがわかってきたのです。さらに最近では、歯周病などにも効果があり、自分の歯を生涯使用するためには、この習癖の是正は必須であるとも言われるようになってきました。
当院では、TCHの改善指導を行っておりますので、顎関節症などお口の悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

医院概要

東陽ながま歯科医院

所在地
〒135-0016
江東区東陽3-27-32 玉河ビル5F
電話
03-5879-7117
最寄駅
東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩1分
診療時間
日祝
10:00~13:30 -
15:00~19:30 -

※19時最終受付
※矯正相談日:月曜又は木曜
(矯正専門医がご相談に応じます。相談日は事前に お問合せ下さい。)
休診日:日曜・祝日

ACCESSMAP

読み込み中…